BMW中古車の良い選び方とは?認定(CPO)や燃費、故障、車検など

BMWは、車の運転が好きな方に人気の高級車です。

直線の加速に強いベンツに対して、
BMWはカーブでスムーズに曲がっていき、コーナリングが見事に決まります。

そのため、運転手を付けて自分は後ろに座りたい方はベンツを所有し、
自分で運転を楽しみ、なおかつデザイン性やブランドイメージの良い高級車に乗りたい方はBMWを購入するという特徴もあります。

また、BMW独特のスタイリッシュなデザインに惚れ込んで、
これ以外には乗りたくないという方も多いです。
 

そんなBMW中古車を購入する上で、
注意しなければならない点とは何でしょうか?

・BMWの認定中古車(CPO)とは?

・BMWの中古車は故障しやすいのか?

・燃費は良いのか?

・車検の取得費用は高額なのか?
 

という4つのポイントを解説させていただきます。

 

BMWの認定中古車(CPO)とは?(Premium SelectionやApproved Car)

BMW認定中古車には、3つのランクがあります。

・BMW Premium Selection
・BMW Approved Car
・BMW Used Car

それぞれ保証期間が異なり、
BMW Premium Selectionは2年間、
BMW Approved Carは1年間、
BMW Used Carは6ヶ月間、
エンジンやトランスミッション、ブレーキなど、
走行の安全に関わる主要部分の故障を無料で修理してもらえます。
 

逆に言えば、6ヶ月や1年間しか保証されないということは、
それ以上乗ると修理や交換になってしまう可能性が高いということでもあります。

もしも、2年間は何も異常が起こらないだろうと強気で予測していれば、
すべての車体に2年間の保証を付けるでしょう。

質の良い車体を購入したい方は、BMW Premium Selectionがおすすめです。

 

BMWの中古車は、故障しやすいのか?

よく、ベンツやBMWなどの外車は、故障しやすいと言われます。

実際はどうなのでしょうか?

たしかに、ベルリンの壁崩壊以降の1990年~2005年までの欧州車は、低賃金で働いてくれる旧東欧に工場が集中してしまったため、品質に問題が生じてしまうことが多く、故障が多かったようです。

しかしながら、年々と技術は進歩し、現代のBMWなら故障の頻度もだいぶ少なくなっています。消耗品の交換はしなければなりませんが、車の安全性に関わる重要な部分であるエンジンやトランスミッションなどの基幹部分については、耐久性がアップしています。

 

BMWの燃費は良いのか?

BMW中古車は、燃費がよくないものが多いです。

その理由は、ブランドコンセプトである「駆けぬける歓び」を重視し、
燃費性能よりも走行性能に重きを置いてきたからです。

滑らかに回転するエンジンとして、回転数が増すごとに「クォーン」と高鳴るエンジン音で、レッドゾーンギリギリまで気持ちよく駆け抜けていく楽しさがあります。

走りが好きな人にはたまらない興奮を覚えますので、
燃費が悪くてもあえて購入する方が多かったです。
 

けれども、近年のエコブームにより、BMWもとうとうハイブリッドカーを開発し、
なんと2016年からはリッター47.6キロの燃費性能を持つ車の販売を開始するそうです。

燃費の良さにこだわる方にはハイブリッドタイプ、
駆けぬける歓びを重視する方には従来のタイプがおすすめです。

 

BMWの車検費用は高いのか?

BMWなどの高級外車は、部品代が高額であるために、車検費用が高いと言われます。

ただし、車検を通すだけなら、格安車検サービスがあります。

消耗品の交換や故障の修理をすると車検費用は高額になってしまいますが、
車検自体の審査基準はそれほど高くないので、
必要な部分だけ整備すれば格安で車検を取得することができます。

→ 格安車検サービス
 

また、BMW専門の整備工場に修理に出すことによって、
割安でプロの整備を受けることができます。
 

このように、近年のBMWは性能が良いものが多く、
車検や整備が必要になった場合でも、目的に応じてお店を使い分けることによって、
費用的な負担を軽くすることができます。
 

BMW中古車を購入する際には、資金的に余裕のある方は正規ディーラーに、
そうでない方には次のようなサービスをおすすめします。

→ なるべく安く、でも質は良い中古車

→ 激安 中古車

 

中古車情報サポートセンター

中古車