中古車ディーラーと一般販売店はどちらがいいのか?メリットとデメリット

中古車を購入するときには、

中古車ディーラー一般中古車販売店はどちらがいいのでしょうか?

ディーラー一般販売店、それぞれのメリットとデメリットを解説致します!

 

中古車ディーラーのメリットとデメリット

ディーラーには質の良い車がたくさん集められるので、故障しにくい車体が多いです。
 

また、「ディーラー保証」が付いている車だと、保証内容が手厚いので、

万が一の場合にも無償で修理・交換がされる部分が多いです。
 

さらには、ネットワークが充実していますので、

系列ディーラーなら全国どこででも同じ保証が受けられ、

中古車を探すときにも広範囲から選ぶことができます。
 

ただし、その分、一般中古車店に比べると販売価格が高額になるというデメリットもあります。
 

一般中古車販売店のメリットとデメリット

一般中古車販売店は、ディーラーと比べると値段が安い中古車が多いのがメリットです。
 

ただ、質の良さが期待できる車体は多くありません。
 

そもそも、車を売るときには、質の良い車体はディーラーが高く買い取ってくれますので、

ディーラー以外にある車は、

ディーラーが自社で買い取るための基準には満たなかった車体である可能性が高いです。
 

ですから、販売価格は安くても、
購入してから故障して修理や交換になる中古車が多いというデメリットがあります。
 

もちろん、一般中古車販売店の車体だからといって、すべてが問題のある車ではありません。

そのような車体には、一般中古車販売店による保証が付いていますので、
保証されている内容をしっかりと確認して、
試乗をしてから購入することをおすすめします。
 

もしも、ディーラーよりも安い値段で、
しかも質の良い、保証付きの中古車一般中古車販売店で見つけることができたなら、
それは一番のお買い得かもしれません。
 

→ 保証付き中古車を探す
 

→ 激安 中古車

 

関連ページ
 
→ 中古車購入の注意点は?どこに気をつけて、何を調べたらいいのか?

→ 中古車の値段に相場や適正価格はあるのか?判断の基準は何か?

→ 良い中古車の選び方とは?おすすめのポイントとコツを初心者に

→ 遠方の中古車販売店で購入するメリットとデメリットは?地方の車屋さん

→ 中古車販売店での購入時、値引きや値下げの価格交渉をしていいのか?

→ 中古車購入後の故障やトラブルの対応は?保証やアフターサポート

 

中古車情報サポートセンター

中古車